JOC会長が東京五輪誘致で汚職に関与!?そもそもJOCの役割とは!?

JOCの竹田会長がフランス検察に訴追されたとの事で話題になっておりますが、JOCがどんなものかちゃんとわかってなかったので簡単に調べてみました。

 

JOCとはなんなのか?

JOCIOCの日本での窓口として、また、日本におけるオリンピック・ムーブメントを推進する組織としてオリンピック競技大会やアジア大会などの国際総合競技大会への選手派遣事業を行う。

Wikipedia より

竹田会長は2001年にはじめて就任し、現在で8期目になるようです。結構長いんですね。

 

どんな過程で決まっていくの?

また引用になってしまいますが、下記の流れで決まっていくようです。二段階と思ったよりすくない印象でした。

 

オリンピック開催地の選考方法は1999年に改定され、2段階の構成で行われている。これはオリンピック憲章第5章34則で定められている方法である。

第1段階 申請都市【立候補申請 - 1次選考】 

  • 開催を希望する都市は、国内のオリンピック委員会 (NOC) を通じて IOC に立候補を申請する
  • 立候補を申請した都市は「申請都市」(APPLICANT CITY) として、開催計画の概要を記した「申請ファイル」を IOC に提出する
  • IOC の作業部会が申請ファイルを精査し、各都市を項目ごとに点数で評価する
  • IOC の理事会において1次選考が行われ、作業部会の評価を基に開催能力のある都市を絞り込み、正式な立候補都市に選出する
第2段階 立候補都市【1次選考 - 開催地決定】
  • 1次選考を通過した都市は「立候補都市」(CANDIDATE CITY) として、開催計画の詳細を記した「立候補ファイル」を IOC に提出する
  • IOC評価委員会を組織し、各都市の現地視察を行う
  • 評価委員会が現地視察の結果を基に、各都市の長所と課題を併記した「評価報告書」を作成し、公表する
  • 大会開催7年前に行われるIOC総会にて、IOC委員による投票が行われ開催地が決定する。

Wikipedia より

 

誘致決定はプレゼンだけでは決まらない!?

プレゼンが非常に印象的な印象的ですが、もちろんそれだけではなく、見えないところでの活動も重要なようです。キーマンとなるIOC委員には特に積極的にあって個別に説得していくという事もしていたようです。