嵐があと2年でもたらす経済効果は!?

ネットやニュースでは嵐の活動休止についての話題になっておりますが、今後2年でもたらす経済効果についても関心が高まっています。これからテレビ局は多くの特番を組むことになると思いますし、ファンクラブ会員も一気に増えたとか。

 

 

約10万人増えたとのことです。

 

もたらす経済効果は!?

色々と予測が出てきておりますが、これまでもすごい影響力があったグループですので、当然あと2年だけとなればもっと増えていきそうですね。

なぜニュースなどでこんなに嵐の活動休止が多く報道されるのか?についてこちらのまとめが非常にわかりやすいです。

 

 

その出来事だけではなく、そのほかにも影響することがあるということですね。

 

そもそも経済効果って!?

よく使われている経済効果ですが、どんな意味なのでしょうか?

 

 

想像していたよりも幅広い影響を見ることに驚きました。電車で見に行くなら、鉄道にも影響あるし、チケットを販売するならそれに関わる人も...ということのようです。

ただでさえ嵐は すごい経済効果をもたらしているのに、あと2年ということになると様々なイベントをやるでしょうし、影響が高まることは間違えなさそうです。

 

まとめ

2年という猶予を持って活動休止に入る嵐ですが、期間を絞ったことによってより影響力が強まりそうです。ファンクラブの会員数増加のニュースを上で伝えましたが、こう言ったことがどんどん起こってくることが容易に予想できますね。

 

2年って短いようで長いので、解散の時どのようなことになっているのか気になります。